2014年02月19日

鉄拳の泣けるパラパラ漫画『振り子』が実写化決定!

人気お笑いピン芸人の鉄拳(41)の”泣ける”パラパラ漫画『振り子』が実写映画化することが決定した。

実写映画化が決定した『振り子』↓↓



スケッチブックに描いた絵をめくり『こんな○○はいやだ』というネタで一躍ブレイクした鉄拳。
滑舌の悪いトークでブラックユーモアを主とするネタは幅広い年代に支持されていた。

そんな鉄拳の転機となったのが2012年の3月、深夜番組の企画で制作した『振り子』というアニメーション作品である。セリフはなく、曲とともにパラパラ漫画(アニメーション)が展開されていく。

このパラパラ漫画がYoutubeにアップされると再生回数300万回を突破。

イギリスのロックバンドMUSE本人達からプロモーションビデオのオファーを受ける等、日本国内のみならず海外を含めて一躍注目を集めた。


鉄拳のパラパラ漫画が泣ける!



鉄拳の泣けるパラパラ漫画が沖縄国際映画祭に


今回その『振り子』が満を持して実写映画化されることになったわけだ。
映画のタイトルは『FURIKO ‐振り子‐』で、主演は中村獅童、ヒロイン役には小西真奈美
その他キャストにはAKB48の松井珠理奈、板尾創路、武田鉄矢、研ナオコらと豪華な顔ぶれになっている。

本作は、第6回沖縄国際映画祭の新設立部門「TV DIRECTOR'S MOVIE」で上映される。

「沖縄国際映画祭」は、2009年から「Laugh&Peace(笑いと平和)」をコンセプトに沖縄で開催されている。第6回のテーマは「島ぜんぶで、お〜きなこと!」。

3月20日から24日まで沖縄コンベンションセンターほかにて開催される予定だ。




【泣けるの最新記事】

posted by go at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 泣ける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック