2013年10月27日

みのもんた降板!セクハラ疑惑の真相釈明

タレントのみのもんた(69)が26日、都内で記者会見を開き、窃盗未遂容疑で逮捕された次男・御法川雄斗(31)の不祥事を謝罪した。

みのもんたは同事件を受けて、TBSの情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」と土曜朝の「みのもんたのサタデーずばッと」の2番組を降板している。

みのもんた謝罪
頭を下げるみのもんた


報道番組降板の経緯


降板を決断した理由について問われると、

「(雄斗容疑者は)女房と懸命に育てて社会に送り出したはずなのに、どこかが間違っていた。確かにあの子は私の子です。不完全な形で世の中に送り出してしまったのだとしたら、父親としての責任があると思いました。」

「父親としての責任を取るならば、自分にとって最もつらい決断をしようと思いました。悔しいです…」と親の道義的責任として、天職であるしゃべる仕事から下りるという一番重い道を選んだと説明した。


セクハラ疑惑についての真相


また、もうひとつの問題となっている「みのもんたの朝ズバッ!」の生放送でTBSの吉田明世アナウンサー(25)へのセクハラ疑惑については、
「私は腰をたたいたつもりで、セクハラするつもりではありません。彼女はよくとちるお嬢さんで、そのたびに背中をたたいていた。彼女に聞いてみてください。」とセクハラ疑惑を否定した。
お尻を触ったように見える映像は腰をたたいたものだという。

みのもんた
腰をたたく?みのもんた


バラエティ番組は続投

また、みのはレギュラー番組を持つ各局に降板を申し入れたが、バラエティー番組『秘密のケンミンSHOW』と文化放送のラジオ番組については続投する意向を表明した。

会見場を去ろうとするみのに「最後に息子に言いたいことは」と記者から質問が投げ掛けられると、「ばかやろう!」と声を荒げて(息子に向けて)言い放ち、頭を深々と下げて約70分に及ぶ会見を終えた。






posted by go at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック