2013年07月15日

サッカー東アジア杯日本代表メンバー選出!

サッカー東アジア杯(20日開幕)に挑む日本代表メンバー23人がJFAハウスで発表された。

ザッケローニ監督は同大会で選出される代表選手について、『”国内組”を試す』とJリーグで活躍する選手から選考すると明言していた。



FWは得点ランク上位に位置する豊田陽平(28=鳥栖)、柿谷曜一朗(23=C大阪)ら注目選手が順当に選ばれ、大迫勇也(23=鹿島)、斎藤学(23=横浜)などロンドン五輪で活躍した若手も続いている。

kakitani.jpgtoyodayouhei.jpg
※柿谷曜一朗(左)   豊田陽平(右)


MFも山口蛍(22=C大阪)、扇原貴宏(21=C大阪)らロンドン五輪で活躍したC大阪のボランチコンビが選出。
また、今シーズンから好調広島の10番を背負う高萩洋次郎(26)にも注目したい。
プロ入り前からそのポテンシャルを高く評価され、最近頭角をメキメキ現してきた柴崎岳(21)にも期待大だ。

shibasaki.jpegtakahagi.jpgtakahashi.jpg
※柴崎岳(左)高萩洋次郎(中)高橋秀人(右)


DF陣は堅守広島から、千葉和彦(28)が唯一A代表初選出となり、注目されていた闘莉王(名古屋)は代表復帰とはならなかった。

morishige.jpgsuzukidaisuke.jpg
※森重真人(左)   鈴木大輔(右)

メンバーは以下の通り

【GK】

西川周作(広島)、権田修一(東京)、林卓人(仙台)

【DF】

駒野友一(磐田)、栗原勇蔵(横浜)、☆千葉和彦(広島)、森脇良太(浦和)、槙野智章(浦和)、森重真人(東京)、鈴木大輔(柏)

【MF】

青山敏弘(広島)、☆高萩洋次郎(広島)、高橋秀人(東京)、☆山口蛍(C大阪)、☆扇原貴宏(C大阪)、柴崎岳(鹿島)

【FW】

豊田陽平(鳥栖)、山田大記(磐田)、☆柿谷曜一朗(C大阪)、☆斉藤学(横浜)、工藤壮人(柏)、大迫勇也(鹿島)、原口元気(浦和)


☆=A代表初選出



特に注目したいのはFWの柿谷曜一朗だ。
彼の若い頃の実績を考えれば代表選出が遅すぎる気もする。
W杯まで残り1年。なんとかA代表定着を目指して欲しい。

U-17世界大会での柿谷のスーパープレー↓↓↓





今回、代表に定着している遠藤保仁(33=G大阪)、中村憲剛(32=川崎F)、今野泰幸(30=G大阪)のベテラン組は選出されなかった。

また、代表復帰待望論があった田中マルクス闘莉王(32=名古屋)、中村俊輔(35=横浜)、得点ランク上位に食い込む大久保嘉人(31=川崎F)、佐藤寿人(31=広島)の”オーバー30歳組”も選ばれなかった。







posted by go at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。