2013年07月07日

日曜洋画劇場ドラマ『半沢直樹』初回放送の反響

日曜洋画劇場ドラマ『半沢直樹』が7日、第1回2時間スペシャルを放送した。

主演、半沢直樹役を演じるのは堺雅人さん。
妻役を上戸彩さん。半沢の同期でよき相談相手・渡真利忍役を及川光博さん。
他にも、香川照之さん、檀蜜さん、人気アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔さん、北大路欣也さんなど、豪華キャストで注目されていた。

原作は直木賞作家の池井戸潤さんの人気小説「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」。

ドラマは堺さん演じる半沢直樹が銀行内外に現れる”敵”大きな権力を持つ組織と戦っていく型破りの銀行マンを描いている。



初回2時間スペシャルを終えて、すでにネット上では様々な反響が上がっている。

「堺雅人の演技は、もぉ別格、すべてが魅力!」

「想像以上に、期待していた以上に面白かったです。」

「景気が悪いだけに、直視出来ない人も多いかと思いますが、登場人物の熱心な仕事ぶりに心うたれた」

「監督さん、上戸彩には何も言えないんですか?よくあの演技でOK出しますね。」

「話はとてもシリアスのはずなんだけど、それを壊さない程度に、いやむしろスパイスのようにコミカルチックなものを挟んでいて、重たくなくむしろ軽快。ぐいぐい引き込まれ、見入ってしまった。2時間が短く感じた」

「奥様役の方はちょっと幼な過ぎる印象はありますが、今後の半沢さんへのフォローアップを期待しています。」

「見応えの有る二時間でした。下手な映画よりよっぽど面白かった。
ただ一部キャストに不満。上戸彩、相変わらず大根。」



初回放送の反響はまずまず好評で、とくに堺雅人さんの演技は絶賛されています。
それと対照的に妻役の上戸彩さんには厳しい評価が目立ちます。
上戸彩さんには、これからの巻き返しを期待しましょう。

hanzawanaoki.jpg








posted by go at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。