2014年05月18日

キスマイBUSAIKU!? 2014.5.15.放送回【動画】

キスマイBUSAIKU!?


2014年5月15日放送回【動画】

出演:Kis-My-Ft2
ゲスト:今井華
内容:『彼女へ贈る大人っぽい下着のプレゼント』
   『キスマイチョイス(イエスorノー)』



キスマイBUSAIKU!?過去の動画

次項有キスマイBUSAIKU!? 2014.5.8.放送回【動画】
次項有キスマイBUSAIKU!? 2014.5.1.放送回【動画】
次項有キスマイBUSAIKU!? 2014.4.25.放送回【動画】
次項有キスマイBUSAIKU!? 2014.4.18.放送回【動画】
次項有キスマイBUSAIKU!? 2014.4.11.放送回【動画】
次項有キスマイBUSAIKU!? 2014.4.3.放送回【動画】
次項有キスマイBUSAIKU!? 2014.3.17.放送回【動画】
次項有キスマイBUSAIKU!? 2014.3.10.放送回【動画】
次項有キスマイBUSAIKU!? 2014.3.2.放送回【動画】
次項有キスマイbusaiku マイコ オーディション

ランジェリーショップに下見に行ったと自信満々の千賀さんですが結果はいかに!?

『キスマイBUSAIKU!?』(キスマイ ブサイク!?)とは、フジテレビ系列で2013年4月21日から放送されているバラエティ番組。Kis-My-Ft2の冠番組。
2014年4月3日より金曜0時10分からの放送となりました。

次回5月22日放送は時間が少し遅い0時25分スタートです。



posted by go at 16:00 | Comment(0) | キスマイBUSAIKU!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ASKA逮捕!週刊女性の内容は本当だった!?

ASKA逮捕!週刊女性の内容は本当だった!?


「CHAGE and ASKA」のASKAこと、宮崎重明容疑者(56)が、覚せい剤を所持していた疑いで、警視庁に逮捕された。

ASKAの覚せい剤の”黒い噂”は以前から囁かれており、過去には『週刊女性』でASKAが重度の覚せい剤中毒との内容の記事まででていた。

ASKAの『週刊女性』に載った記事の内容は、ASKAは中学の同級生の暴力団員からドラッグを購入。吸引しているところをその暴力団員に盗撮され、それをネタに金銭を要求され脅されているとのことだった。

Vシネなどにでてくるような、信じがたい内容だが、当時『週刊女性』の取材を受けたASKAは、「ぜーんぜん。ははっ」とあっさり否定。

次項有 『ASKA 週刊女性などに掲載された内容』過去の記事

暴力団員から脅されているという内容に関しては、「『お金をかしてくれ』っていわれて、嫌といってモメただけ。」とこちらの内容も否定した。

しかし、今回の覚せい剤所持の容疑でASKAが逮捕されたことで、『週刊女性』の記事の内容が真実味を帯びてきた。

 ASKAの週刊女性に載った内容

”ASKAのシャブ中疑惑”の内容の記事が『週刊女性』に掲載された当時、ASKAが記事の内容に対して全面否定したことで、ASKAファンは安堵していた。

しかし、今回の逮捕にASKAファンは動揺を隠し切れず、ネット上では「信じられない」「悲しくて仕方ない」 「もうチャゲアスの曲を聞く気持ちにになれないです」「週刊女性の内容は本当だったんですね…ショックです」という書き込みが多く見られた。

ASKAは取り調べに対し、「私は、今まで覚せい剤を所持したことはありません」と、容疑を否認しているというが、真実は果たして…!?『週刊女性』に掲載された記事の内容は現実となってしまうのか!??

posted by go at 05:28 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボリビア大統領がサッカー選手に!

ボリビア大統領がプロサッカー選手に!


ボリビア大統領 エボ・モラレス氏がプロサッカー選手になることがわかった。

ボリビアのサッカー1部リーグ「スポーツ・ボーイズ」のオーナーは16日、ボリビアの大統領であるエボ・モラレス氏とプロ契約を結んだと明らかにした。

「スポーツ・ボーイズ」のオーナーは大のサッカーファンであるモラレス大統領の「希望をかなえる」と語り、晴れて、ボリビア大統領はプロのサッカー選手となった。

現役大統領がプロサッカー選手となるのは前代未聞で、これから色々と世間の人々の議論を引き起こすことになりそうだ。

▼プロサッカー選手になったボリビア大統領 エボ・モラレス氏
ボリビア大統領がプロサッカー選手に!

写真のボッコリ出たお腹を見てもらえばわかるが、このボリビア大統領は御歳54歳。

大統領のポジションはミットフィルダーで背番号は10

報酬は同国の最低賃金程度の月213ドル(約2万2千円)という。

モラレス氏は2006年に大統領となり、今年、3選を目指している。

このボリビア大統領のサッカーの実力がどれほどのものなのか不明だが、54歳で現役を続けているプロサッカー選手が現在のサッカー界にいないことから、明らかにサッカーの実力でのプロ契約ではないことは容易にわかる。

賃金の低さから言って、これはボリビア大統領選にむけた政治活動のアピールではないかと思われる。

チームとしては、良い客寄せになるのと、ボリビア大統領に恩を売れる2重のメリットがあるわけだが、サッカーの試合を楽しみにスタジアムにお金を払ってきている、純粋なサッカーファンからしてみれば、いい迷惑のような気もする。

対戦相手の選手も強くタックルに行きにくいし、プロの真剣勝負を楽しみに見に来ているサッカーファンに対してどうなのでしょうか?

サッカー熱の熱い南米のボリビアだからこそ、サッカーに対してファンはシビアな目を持っているような気もしますが…。

ボリビア大統領は8月のリーグ戦に出場予定ですが、本当に出場機会はあるのでしょうか?

ボリビア大統領がプロサッカー選手として、試合にでれるかどうか注目です!


posted by go at 04:01 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする