2013年07月30日

19(ジューク)の現在(いま)

有吉弘行が司会を務めるバラエティ番組『有吉ジャポン』にイラストレーターの326(みつる)が登場し、近況を明かした。

19(ジューク)は、ボーカルギター作曲担当の岡平健治と岩瀬敬吾(デビュー当時はビジュアルプロデュース、作詞担当の『326』ことみつるも所属)で結成された音楽フォークユニット。

デビュー2曲目の1999年発売シングル『あの紙ヒコーキくもり空わって』で一躍メジャーアーティストの仲間入りを果たした。その年のNHK紅白歌合戦にも出場しその地位を確立させた。

しかし、2002年人気絶頂のうちに解散。
3人はそれぞれの道を別々に歩むことになる。

326は19を脱退して以降、メディアへの露出が激減。
『有吉ジャポン』にも”最近見ない有名人”で登場。


昔と比べると、やや割腹のいい体格になっており、そのほかは「本当に何も変わってなくて、住む場所もスタンスも変わっていない」と語った。

19として活動していた当時の”稼ぎ”についても言及。
人気絶頂の頃の収入は、本当なら数億円だったはずが、事務所に所属して給料制だったため、月給10万ちょっとだったという。

326.jpg


現在はフリーのイラストレーターとして活動しいる326。
これからは自身のプロモーションもかねて”リハビリのようにテレビ出演の仕事を増やしていく”とTwitterでつぶやくなど意気込みをかたっている。

人気絶頂のころから、アーティストや絵かきなど”その道の人たち”からの評価は悪く、アート番組などにゲスト出演した際も、他の出演アーティストにぼろっカスに酷評されまくっていた326。

しかし、唄の大ヒットで世間を味方にし人気を博した。
また以前のような人気を取り戻せるか”見もの”でもある。


19(ジューク)その他メンバー


現在、岡平健治はソロミュージシャンとして活動するかたわら、アーティストマネージメントなどを行うRockFord Records株式会社の代表取締役を兼任。株式投資や印税で、ライブハウスを併設した自社ビルも建てるなど成功者の道をたどっている。
一方、岩瀬敬吾は3児の父になり、ソロミュージシャンとして精力的に活動してる。

他の2人のメンバーも試行錯誤しながらすでにそれぞれの道を歩んでいるようだ。


posted by go at 01:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

サッカー日本代表柿谷の2ゴールで東アジアカップ初優勝!

28日、サッカー日本代表は韓国で開催されたサッカー東アジアカップ2013で韓国を2-1で破り初優勝を成し遂げた。

今大会、ザッケローニ監督は”海外組”を招集せずに”国内組”のみのメンバーで大会に挑んだ。
初戦中国戦は3-3のドロー。2戦目オーストラリア戦は3-2で辛勝。最終戦となった韓国戦で引き分け以上で優勝の可能性があった。


ほぼ韓国サポーターで埋め尽くされ、日本にとっては完全アウェーとなった競技場。
韓国側観客席では歴史問題にからむ横断幕などが掲げられ、スタジアムは異様な雰囲気に包まれていた。

スタジアムの2階席からは「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた巨大な横断幕が掲げられた。また、初代韓国統監を務めた伊藤博文を暗殺し、韓国で英雄とされている安重根(アンジュングン)の肖像画のようなものが登場すると、会場の韓国人サポーターから大きな歓声が上がった。

この行為は応援時の政治的主張を禁じた国際サッカー連盟(FIFA)の規定に違反する疑いがある。

一方、日本人サポーターの応援席では、試合開始時に旭日旗を掲げようとする場面があり、係員に制止された。旭日旗は韓国では戦前の日本による侵略の象徴とされている。韓国の聯合ニュースは、旭日旗についても「FIFAの規定違反の可能性が大きい」と伝えた。


試合は開始からホームの韓国が主導権を握る。
押し込まれる展開が続く日本だったが前半25分、ロングボールに抜け出した柿谷がキーパーとの1対1を冷静に決め先制。
先制した日本だが、その後も韓国ペースが続き33分には同点に追いつかれるミドルシュートを決められてしまう。

kakitani30.jpg

1-1のままハーフタイムを迎える。

後半巻き返しを狙う日本だったが、前半と同じ韓国ペースのまま試合が進む。
終始、韓国がボールを支配するが決定的なチャンスは作らせず。
今大会、3試合で1得点という韓国の決定力不足にも助けられた。

このまま同点で終わるかと思われた後半ロスタイム。
原口が個人技で左サイドを突破。原口のシュートは惜しくもキーパーのファインセーブに阻まれるが、そのこぼれ球を柿谷がうまく左足で流し込み逆転。
見事勝利で試合を終えた。

kakitani4.jpg


柿谷は今大会2試合出場で3得点1アシストで得点王にも輝いた。
大会MVPには唯一3試合全てにフル出場したMF山口螢が選ばれた。

今大会のメンバーから来年のワールドカップに何人の選手が生き残れるか。

試合後のヒーローインタビューでは『まだまだ力が足りない』と謙虚に振舞った柿谷だが彼のポテンシャルの高さを証明した大会となった。

kakitani3.jpg


現にザッケローニ監督も柿谷のヒーローインタビューの前に、がっちり握手を交わし一言二言ねぎらいの言葉をかけていた。また、『このメンバーからすぐに代表に呼ばれる選手もいるだろうし、将来的に代表に入る選手もいると思う。』とも発言。

MVPを獲った山口でさえ、『(MVPは柿谷)曜一朗だと思った。いいのかな俺で…』と言っている。


また、辛口で有名な解説者のセルジオ越後も『個人的にMVPを選ぶとすれば、柿谷しかいないだろう。この試合では2つしかなかったチャンスを2つとも決めたその決定力は図抜けているね。』と柿谷に賞賛の言葉を送っている。

得点パターンも豊富で今大会の3得点はヘディング、右足、左足と全て違う形で得点した。
いずれにせよ、来年のワールドカップのピッチに彼の姿があることを想像せずにはいられない。

関連記事
”東アジアカップ 日本代表まさかのドロー
”サッカー東アジア杯日本代表メンバー選出!(柿谷スーパープレー動画あり)


posted by go at 03:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

NEWS10周年記念イベント発表!

ジャニーズジュニアの人気グループ『NEWS』が東京・秩父宮ラグビー場で全国7ヶ所をめぐる『NEWS LIVE TOUR2013』の初日公演を行った。

NEWSは2003年に結成し、今年で10周年を迎える。それに際し、9月に東京ドームで10周年イベントを開催することを発表し、集まった35000人のファンからは大歓声と拍手が送られた。

この日は17日発売の新アルバムに収録されている『チャンパカーナ』を中心に約30曲を熱唱し大盛況だった。

koyamakeiichirou.jpg

”バレボールワールドカップ2003”でイメージキャラクターに抜擢され、山下智久を中心に結成され早10年。
10年間決して順風満帆ではなかった。

元メンバーによる”未成年飲酒問題”の報道で謹慎・脱退。グループ自体も一時活動休止になった。

さらにはグループの中心的存在の山下智久、錦戸亮の脱退(山下はソロ活動、錦戸は掛け持ちの関ジャニ∞の活動に専念するため)など、当初9人で編成されたメンバーも現在では4人になってしまった。

yamashita_nishikido.jpg


最近では一部週刊誌で、手越の”合コン泥酔キス”報道がとりあげられ、話題に事欠かない。

tegoshiyuuya.jpg

お相手は、ジャニーズ事務所副社長の藤島ジュリー景子氏やSKE48のメンバー鬼頭桃菜など、様々な噂があり真実は不確かなものになっている。

kitoumomona.jpg

もし、相手の女性が鬼頭なら、”肉食系女子”として手越とのスキャンダルを経て注目度は高まった。今年の『総選挙』ランク圏外から、来年の総選挙ではランク圏内を狙う。



posted by go at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅越ゴエ結婚!

お笑い芸人の浅越ゴエが20代一般女性と結婚することがわかった。

10月5日に、挙式・披露宴をおこない、その前後に婚姻届を提出するらしい。

goe.jpg


4人組のお笑いユニット「ザ・プラン9」に所属するゴエだが、ピン芸人としても活動しており、2003年度”R-1ぐらんぷり”で優勝などの以外な実績がある。

スーツにメガネ姿でニュースキャスターにふんし、『しっくりこないニュース』というネタで人気を博したと言ったほうがピンとくる人が多いかもしれない。

過去にアナウンサー試験を受けたこともあり、滑舌の良さはプロのアナウンサー顔負けだ。







そんなゴエだが、立命館大学卒業というインテリな一面も持つ。
そのせいもあってか、お相手の女性もかなりの才女らしい。英語が堪能な日本語講師で20代ながら非常に落ち着いた雰囲気で、容姿は女優の菊川怜似の美女だという。


これまで女性関係のウワサが皆無だったゴエ。プライベートのことはあまり語りたがらなかったが、現在は関係者やタレント仲間などに報告を始め、大忙しだという。
posted by go at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

片瀬那奈・溝端淳平熱愛発覚!居酒屋デート

女優の片瀬那奈(31)と俳優の溝端淳平(24)が”熱愛発覚”と一部週刊誌で報じられた。


週末の居酒屋。
アットホームな店内の一番奥の席。
見つめあったまま、ほかには目もくれず、話すときもヒソヒソ話の美男美女のカップル。
賑やかな週末の居酒屋とは不釣り合いな二人はすごく目立っていたという。

それが片瀬那奈と溝端淳平だった。
二人の仲が親密になったのは、ドラマ『35歳の高校生』で共演したことがキッカケだという。

35saiJK.jpg


週刊誌では今回の”居酒屋デート”の他にも”ドン・キホーテデート”、”伊勢丹ショッピングデート”など二人のデート現場をスクープしている。

これに対し、溝端は自身の公式ブログで「仕事のことで相談させてもらったり、アドバイスをいただいてる先輩のお一人です」と熱愛報道を否定。

さらに「ドラマ収録も一段落し、気持ちに緩みが出ていてお互いの立場も考えず軽率に見える行動をしてしまったのは男である自分の責任です」と男らしく詫びた。

また、片瀬の所属事務所も「仲の良いお友達の一人と聞いております。」としている。

mizobata.jpg

今年3月にはKAT-TUNの中丸雄一と”深夜デート”をスクープされた片瀬。
しかし、中丸は「たまたま食事にいっただけ。交際はしてないです。」とキッパリ否定。

katasenakamaru.jpg


今回の溝端の件と同じように男性側が熱愛を否定。

片瀬サイドは事務所側が否定するだけで、本人は何もコメントしていない。

もしかしたら、片瀬さん自身はその気があるのに、男性側に逃げられてるという噂もちらほら。

三十路を超えても”若いイケメン”を狙う貪欲さは、まさに”肉食女子”だ。

katasenana.jpg
posted by go at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。